なぜ加齢臭はクサいのか? 加齢臭の原因とメカニズム

加齢臭は多くの男性の悩みの一つですね。

年齢とともに体臭が変化し、自分では気がつかないうちに周囲に「オヤジ臭い」なんて思われないか不安になってしまいます。

なぜ加齢臭は発生してしまうのでしょうか?

加齢臭の原因やメカニズムについて詳しく解説していきたいと思います。

加齢臭とは

加齢臭で悩む男性

加齢臭で悩んでいませんか?

「最近、自分のニオイが気になる」

「家族や周りの人からクサイと言われた」

こんな悩みを感じている男性は多いと思います。

男性なら誰でも年齢を重ねいくと体臭は変化していきます。

一般的によく聞かれるのが「まくらのニオイが気になる」という話ですね。

加齢臭は年をとることによって起きる自然な体の変化ですが、自分だけではなく周囲の他の人にも不快感を与えてしまうのがやっかいです。

加齢臭はどんなニオイ?

加齢臭とは、具体的にどのようなニオイでしょうか?

多く言われているのが「脂っぽいニオイ」「青くさい」というニオイです。

体臭は一人一人違うので一口に加齢臭といっても、様々なニオイがあります。

汗を拭く男性

加齢臭のニオイ

  • 脂くさい
  • 青くさい
  • ブルーチーズのニオイ
  • 古本のニオイ
  • ろうそくのニオイ
  • 酸っぱいニオイ
  • 生ぐさい
  • 使い古しの脂のニオイ
  • 枯れたニオイ

このようにいろんな形容で表現されますが、どれも良いニオイとは言えません。

自分の体臭は分かりづらいので「もしかしたらニオってる?」と不安になることもありますよね。

加齢臭は簡単に自分でチェックすることができますので、セルフチェックを行って対策をきちんとしたいですね。

加齢臭セルフチェック

加齢臭は様々なニオイの種類があり、ニオイが発生する場所によっても変わってきます。
自分が発しているニオイは自分では判断がつけにくいので、ただ体をニオってもはっきりとは分かりません。

疑問を感じている男性

簡単な方法としては、体のニオイを何かにつけてからニオイを嗅ぐ方法です。
ニオイをつけるものは、ティッシュなどが手軽ですね。

ティッシュを使った加齢臭セルフチェック

  1. 加齢臭が気になる場所(顔・耳の後ろ・首・胸・脇)にティッシュを押し当てる。
  2. ティッシュでふき取る。
  3. ニオイをチェックする。

ニオイを感じた場合、加齢臭を発していると言えます。
この方法の良いところはティッシュ1枚でチェックできる点と、体の各部位のニオイをチェックできる点です。

まくらや衣類を使った加齢臭セルフチェック

  • 普段使用している枕や帽子、着ていたシャツなどでニオイをチェックする。

枕や帽子は加齢臭が発生しやすい場所に密着しているのでチェックしやすいです。中年から発生すると言われている加齢臭、自分が思っているよりもニオっているかもしれません。

気になる人は一度セルフチェックをしてみると良いと思います。

加齢臭の原因とメカニズム

加齢臭がにおう男性

一般的に加齢臭というと中年から50代以上の男性が発する特有の体臭を指します。

実は加齢臭も年齢によって変化するので、大きく分けて2つに分けられるんですよ。

まず30代から50代までは油っぽいニオイで、頭や首筋でニオイが発生します。

「ミドル臭」とも表現されるのが、このニオイです。

その後50代以降は枯れたようなニオイで、胸や背中でニオイが発生します。

この枯れ葉のようなニオイが「加齢臭」と表現されます。

このように大別せずに、ひとまとめで「加齢臭」と表現することもあります。

年齢と加齢臭

  • 30〜50代:油っぽいニオイ
  • 50代以上:枯れたニオイ

加齢臭は30代頃から始まり、それ以前には発生していないことになります。

なぜ若い時はなかったニオイが年をとると発生してしまうのでしょうか?

疑問を突きつける男性

答えはニオイの原因物質『ノネナール』が増加するからなんです。

この『ノネナール』が加齢臭の原因の一つです。

その他の原因としては皮脂が関係していると言われています。

ノネナールとは?

『ノネナール』は油くさく青臭いニオイを有する不飽和アルデヒドの一種です。

脂肪酸が分解されたり、酸化することによって発生します。

脂肪酸は年をとると増加するため、40歳を過ぎると『ノネナール』が増加するのです。

皮脂とは?

加齢種の原因の一つが皮脂の変質です。

皮脂とは、毛穴の中にある皮脂腺から分泌される油状の物質です。

男性は本来、皮脂の分泌量が多いのが特徴です。

皮脂は肌を守る役割を持っていますが、この皮脂の質が30~40代頃から変わってくると言われています。

40歳頃になるとサラサラだった皮脂は粘着生が増し、固く洗い流しにくくなります。

このねっとりした皮脂が酸化することで加齢臭が発生します。

体臭の変化

加齢臭の原因は『ノネナール』と言われていますが、これは原因の一つに過ぎません。
加齢臭は、その他の原因も合わさって発生しているケースもあります。

加齢による体の変化によって体臭も変化します。
若い世代・20代頃は汗のニオイが一番ニオイます。
その後、汗のニオイは減少し代わりに油っぽいようなニオイになります。
さらに年齢を重ねると、汗や油っぽいニオイも減少し枯れたようなニオイに変化していきます。

汗をかいた男性

このように体臭が変化するので「最近、体臭が変わった気がする」と気がつくこともあるんですね。

前項でも触れたように年齢を重ねていくと、皮脂がねっとりとしたものに変わっていきます。
粘着性がある皮脂のため洗い落としにくく、加齢臭の原因の一つとなっています。

体臭変化の原因

  • 皮脂の粘着性の増加
  • 体の老化
  • 新陳代謝の低下
  • コレステロールの増加

これらの原因によって体臭は変化していくので、早めの対策がオススメです。

加齢臭の予防方法

オッケーサインを出す女性

加齢臭は正しいケアをすれば、緩和することが可能です。

きちんとした予防や対策を行うことは、周囲の人に対するエチケットだと思います。

お互いが気持ちよく過ごすためにも、加齢臭ケアをオススメします。

グッドサインを出す男性

加齢臭の予防方法

  • 生活習慣を見直す
  • 食生活(脂肪の取り過ぎを避ける)
  • 禁煙(代謝を落とす)
  • ストレス(ノネナールの増加)
  • 清潔を保つ
  • 消臭グッズ(専用のボディソープ、消臭スプレー、香水)

生活習慣を見直すことは加齢臭予防のためにも大切です。

飲酒は適量を心がけましょう。

暴飲暴食は避けましょう。

夜更かしが多い人も要注意です。

食事は脂質をとりすぎないようにしましょう。

脂質を過剰に摂取してしまうと、加齢臭の原因物質の『ノネナール』が多く分泌されてしまいます。

禁煙のマーク

タバコは代謝を低下させてしまいます。

喫煙は加齢臭を促進すると言われていますので、一度見直してみましょう。

『ノネナール』を増加させてしまうので、ストレスもできるだけ取り除きましょう。

ストレスをゼロにすることは難しいですが、溜め込まないように上手に発散したいですね。

体を清潔に保つことは、余分な皮脂を取りのぞくので有効な予防法ですね。

加齢臭が気になるから、以前よりもしっかりと髪や体を洗うようになったという男性も多いと思います。

ただし洗いすぎは逆効果です。

必要以上に皮脂を洗い落としてしまうと、体が肌を守ろうと余計に皮脂を分泌してしまいます。

過剰に皮脂が分泌されてしまうと加齢臭発生の原因になりかねません。

適度に洗いましょう。

石鹸とタオル

加齢臭対策用のグッズも数多く販売されています。

消臭効果のある石鹸や汗拭きシート、ボディスプレー、洋服用の消臭スプレーなど。

洋服は加齢臭が染み込んでしまうので、こまめに洗濯したりスプレーなどで加齢臭対策するのが有効です。

香水を使用している人も多いですが「香害」にならないように、くれぐれも気を付けましょう。

まとめ

加齢臭は本人だけではなく、奥さんや家族、周囲の人も気になる問題ですね。

夏は汗のニオイが気になる季節ですが、加齢臭はある一定の年齢から永続的に続いていきます。

「加齢臭なんて誰でも出るもんだし」

確かに自然な体の変化ではありますが、満員電車やエレベーターを利用する時などは他の人との距離が近いので自分の体臭をケアしておくことはマナーだと思います。

悩んでいる女性の写真

残念ながら加齢臭を完全に消すことは難しいと言われています。

加齢臭は人間の体の仕組み上、どうしても発生してしまうものだからです。

消すのは難しいですが、抑えることは可能です。

出かける前や朝にシャワーを浴びて、肌を清潔に保つことは加齢臭を抑える方法としてオススメです。

ゴシゴシと石鹸で洗わなくても、軽く流すだけでもだいぶ違いますよ。

また加齢臭対策として外出先で気になる時には、ボディシートなどで体を拭くなどの方法も手軽で実行しやすいですね。

食事も飲み過ぎや食べ過ぎに注意して、脂っこいものも摂り過ぎないようにしましょう。

規則正しい生活と十分に睡眠をとることで、健康を保つだけでなく加齢臭を抑えることができると言われています。

笑顔の老夫婦

加齢臭対策は一つだけに頼るのではなく、ドオトラント効果のあるボディソープや消臭スプレーなど、いくつかを組み合わせて行うのがオススメです。