男の乾燥肌の原因とトラブル

乾燥肌とは、肌の表面にある角質層の水分が減り肌を守るバリアが弱くなっている状態のこと。そのため乾燥肌になると、肌が刺激にさらされ様々なトラブルを起こします。ほとんどの皮膚トラブルは「乾燥肌」が原因といわれます。

この記事では「乾燥肌」の原因についてお伝えします。

乾燥肌とは?

皮膚は一番上に表皮があり、その下に角質層があります。本来の健康な肌というのは、皮膚の表面に皮脂膜がおおわれ、毛穴からは適量の皮脂が分泌されている状態です。それが水分が蒸発するのを防ぎ、肌のスベスベした状態を保つ役割を果たします。

角質層の天然保湿因子の役割は、肌の弾力性を保持することで、その成分はアミノ酸、ミネラル、尿素などからできています。角質層は細胞間脂質に覆われていてセラミドで構成されています。

保湿要素の約80%も占める細胞間脂質は、肌の水分保持において重要な役割を担っているのですが、皮膚の表面が傷つくと肌のバリアが壊れそこから水分が逃げていってしまい、そこから「乾燥肌」が始まります。

乾燥肌になる原因

男性に多い間違ったスキンケア!

特に、男性の場合は女性と違ってメークをはしません。また、日焼け止めクリームも塗らずに紫外線をもろに受けますし、毎日ヒゲ剃りをしたりして皮膚を傷つける機会も多く、それでなくとも、肌トラブルを抱える可能性は高くなります。

皮脂分泌も多い男性は、自分が乾燥肌になるとは思っていないので、洗顔でも指に力を入れてゴシゴシ洗ったり、夏などは暑いおしぼりで平気で汗を拭ったりします。

こうした行為は、摩擦で角質層を傷つけ、見えない炎症を引き起こしかねませんので、皮脂の落としすぎに気をつけなければなりません。また、洗浄力の強い洗顔料を使って洗顔したり一日に何度も洗浄すると、皮脂膜や角質層のセラミドなどの細胞間脂質天然保湿因子も洗い流してしまいます。

こうした無防備な状態で紫外線や化粧品の添加物などにさらされると、肌には大きな負担となってしまいます。

ヒゲ剃り

カミソリを使ったヒゲ剃りは刃を直接肌に当てて剃るので、ヒゲと一緒に角質層も削り取り肌を乾燥させます。ヒゲ剃りだけでも肌にとって負担なのに、その後のケアをきちっと

しないと乾燥肌をより深刻にします。

起床後、洗顔剤や石鹸などを使っての洗顔はNG

洗顔剤や石鹸使用を使用すると、せっかく夜寝ている間に修復された角質層が、再度奪われてしまいます。また、目の荒いタオルで無造作に拭いたりすると角質層を傷つけてしまうからです。

また、皮脂の分泌が少なくなっている人は、温度の高いお湯も角質層を痛めます。刺激のないぬるま湯で洗いましょう。

 環境による要因

紫外線や乾燥した空気も乾燥肌になる要因になります。冬は乾燥していますから、肌も乾燥しがちです。しかし、近頃は夏でもエアコンで室内が乾燥しているので、乾燥肌になりやすくなっています。

空気の乾燥

空気が乾燥していると肌の水分がどんどん蒸発していくので、肌が乾燥します。冬は気温が下がりますが、それとともに体温も下がり始めます。すると、血管は収縮し体温が奪われるのを防ごうとします。

結果、肌の表面や手足の末端部分まで血液が行き渡らなくなります。血流が悪くなると、毛細血管によってつながっている体の末端にまで栄養が行き届かなくなり、健康な肌をつくる機能も低下気味となり、皮脂や汗の分泌も少なくなってきます。

こうしたことが、冬に乾燥肌を招く要因となっています。

紫外線

紫外線の刺激を繰り返し浴びると、角質層のバリア機能が損なわれていきます。すると身体は早く角質層を作ってバリアを修復しようとするため、肌のターンオーバーが乱れます。

乱れたターンオーバーで作られた角質層は不完全なため、きちんとバリアの役目を果たせず肌が乾燥しやすくなります。

生活習慣による要因

食生活

不規則な食事による栄養の偏りは、様々な肌のトラブルを招きます。肌のターンオーバーを推進するためには、ビタミンA、亜鉛、ビタミンCがキーワードです。

ストレス

ストレスは自律神経のバランスを崩し、ターンオーバーのリズムを乱します。すると、皮膚の修復機能も低下しますから、肌のバリア機能もうまくいかなくなります。こうした状態が、乾燥肌の原因となります。肌と自律神経は密接に関わりを持っています。

まとめ

もとより男性は、一年中素肌で紫外線に晒されていますし、毎日髭剃りをしなくてはなりません。そのたびに皮膚の表面を傷つけバリア機能を壊しているのですから、乾燥肌になりやすいということを頭の隅に置いておいてください。